Opal Card って何? 利用特典などをご紹介

Opal Card とは?

 

Opal Card はシドニーで利用されているIC乗車券の名前です。日本でいうSuicaやIcocaにあたります。

シドニー市内外の電車はもちろん、バス、ライトレール(路面電車)、フェリーなどで利用できます。

 

 

Opal Card の特典

 

2016年にシステムが変更されました。以前は1週間に8回利用したら後は無料なんて素晴らしいサービスもありましたが、悪用する人が多かった様で改正されました。

 

基本料金が安い

最近東京ではIC乗車券と紙の乗車券では値段が違いますが、シドニーでも値段が違います。例えば本来4.10ドルであれば3.38ドル、など。

ちなみに電車の場合、通退勤ラッシュ時間(7時‐9時、16時‐18時半)を避けると乗車賃が30%OFF

 

8回以上乗ると特典あり

月曜日をスタート日とし、8回以上乗ると日曜日までの乗車賃が半額になります。

例えば普通の会社員であれば月曜から木曜日まで通退勤すると、金・土・日は半額。1日に使う回数が多ければ、水曜から半額!なんてこともあり得ます。

 

1時間以内であればノーカウント

1時間以内の途中下車であれば料金が加算されません。

例えば、Central駅からWynyard駅まで電車賃が3ドルとしましょう。この2駅の間にあるTown hall駅で下車すると日本の常識で言うと、Central‐Town hall間が2ドル、Town hall-Wynyard間が2ドル、結果同じ区間を移動しても一度下車したことで料金が3ドルと4ドルといった感じに変わってしまいます。しかしOpal Cardの場合1時間以内に戻ればその途中下車はなかったことになり3ドルの料金が適応されます。

素晴らしい!

 

Opal Card の購入方法

 

基本的には駅では売っていません。( シドニー空港(国際線)の駅には販売所があります。)

なので近くのコンビニで買うのが一般的です。Opal Cardを売っているコンビニは「Opal Card売ってますよ~」って旗が掲げられているのですぐにわかるかと思います。

 

Opal Card のチャージの仕方

 

チャージの仕方には大きく分けて3パターンあります。(1) コンビニなどの販売店でチャージする方法、(2) 駅に設置されているマシーンでチャージする方法、(3) インターネット上でチャージする方法、です。

 

詳しくは別記事で説明したいと思います。

 

 

オーストラリア滞在歴1年4ヶ月。日本の大学4年生の秋から1年間ワーキングホリデー、3ヶ月学生としてシドニーに滞在(〜2017年3月)。現在は日本で既卒就活中。趣味はカフェ巡り。

コメントを残す