【仕事探し】④ 厚生年金 スーパー・アニュエーション専用口座をつくる

こんにちは。

仕事探し第4弾、3弾から間が空きすぎてしまいましたが、オーストラリアの厚生年金ともいえる、スーパーアニュエーションについてお話していきたいと思います。

 

スーパーアニュエーションの仕組み

 

Superannuation、日本では厚生年金に近い年金のことです。サイトによっては退職年金と訳されています。

給料の 9.5%を雇用主がスーパーアニュエーションファンド(年金管理会社の総称)に支払い、給料明細に現在どれだけのスーパーアニュエーションが積み立てされているかが明記されます。

オーストラリア国籍を有さない人(学生・ワーホリ等)は出国時に申請するとその一部を受け取ることができます。詳しくはまた別に記事を書きたいと思います。

 

 

スーパーアニュエーション口座を作るメリット

 

実はスーパーアニュエーション口座って雇用主が勝手に作ることが出来てしまいます。例えばあなたが2社で働いたとしましょう。

 

君の年金、A社に積み立てておいたから!

はい、これ君の年金照会番号。B社に積み立てておいたからね!

 

なんてことになります。これが2社ならまだいいですが3社、4社…となっていくと自分はいったいいくつ口座を持っているんだ?って話になる訳ですね^^;

基本的に会社は何も言わなければ勝手に口座を作ってくれます。

なので絶対に自分で作らなければいけないわけではありません。一番最初に就職した会社が使っていたスーパーアニュエーションファンドに2社目以降積み立てして貰うようにお願いしてみるのもアリ◎

 

 

 例1: ANZ Smart Choice

 

私が初めて自分で作ったスーパーアニュエーション用の口座です。ANZの存在は知っていたので作りやすかったのが最大の理由。あとは普通口座の残高やネット送金をする為のアプリでスーパーアニュエーションの積立額も見ることが出来ます。

作り方はいたって簡単。

銀行スーパーアニュエーション用の口座作りたいんだけど~?ってお願いしたら別室に案内してくれて作ってくれました。それと一緒に普通口座も開設。普通口座は25歳以下だったので維持費もかからず、必要だったものは確かパスポートとTFNくらい。

 

あとは企業提出用にくれた書類を就職先に提出するだけでした♪

 

 

オーストラリア滞在歴1年4ヶ月。日本の大学4年生の秋から1年間ワーキングホリデー、3ヶ月学生としてシドニーに滞在(〜2017年3月)。現在は日本で既卒就活中。趣味はカフェ巡り。

コメントを残す