【オーストラリア】ワーキングホリデー持ち物大公開!

 

2015年10月26日、私はオーストラリアにワーキングホリデービザで入国しました。

その当時の持ち物のリストのメモが出てきましたので、「実際必要だったかどうか」も踏まえてご紹介したいと思います。これから渡豪される方は是非参考にしてみてくださいね♪

【絶対必要なもの】はで、【絶対ではないけど活躍したもの】は青のマーカーを引いております!

 

その① カバン

 

まず一番最初に用意したいのが、カバン。カバンのサイズが決まっていないと持ち物って決めにくいですからね。

  • 90L スーツケース
  • リュック
  • 手荷物用カバン

リュックは後々使えるサイズのものがオススメ!

 

その② 貴重品

 

  • 長財布(日本でも使っていたもの)
  • コインケース

よくヨーロッパに旅行をするので、その時はスリ防止のために本財布と仮財布に分けて、仮財布の方は最低限のお金しか入れない様にしていました。なのでその厳重さでオーストラリアに来たら…、「なんて治安良いんだ!」って拍子抜けしました(笑)

  • マネパカード

最初の頃は海外専用プリペイドカードには本当にお世話になりました!1枚持っておくことをお勧めします♪

  • クレジットカード2枚(VISA)
  • 少しの現金
  • パスポート
  • 航空券のeチケット

 

その③ 洋服系

 

  • 1週間分の洋服
  • ユニクロのウルトラライトダウン

これが便利すぎます。暖かいのにあんまりかさばらない!

  • パーカー
  • サングラス
  • 靴系
  • ビーチサンダル
  • 水着

海に行くこともしばしばあったので、水着。あとは海用でも普段用でも、サングラス・ビーチサンダル・パーカーはオススメ。日差し強いし、急に寒くなったりするので。

 

その④ 電気製品系

 

  • 携帯電話(iPhone SIMロック未解除)
  • iPad mini (SIMフリー)

タブレット、もしくはパソコンがないと履歴書等書くときに面倒です…

  • iPhone/iPad の充電器
  • iPhoneのSIMトレー開けるピン
  • モバイルバッテリー
  • bluetoothヘッドフォン
  • 変換プラグO型 2個
  • 海外対応延長コード 1本

例えばバッパーやルームシェアってコンセントがひとりひとつだったりします。なのでタコ足のような延長コードをひとつ持っておくと◎

  • 海外対応ヘアドライヤー

 

その⑤ 日用品

 

  • 折り畳み傘
  • 部屋用スリッパ(折りたたみ式)
  • メガネ
  • スタバのタンブラー ←友達からの餞別品
  • 腕時計
  • 中サイズ包丁

シェアハウスの包丁切れない!(爆)

  • My箸
  • S字フック
  • ジプロック数枚

 

その⑤ 洗面道具 & 洗濯道具

 

  • 旅行用シャンプー&リンス
  • 旅行用ボディソープ
  • 洗顔100g
  • 体洗うスポンジ
  • 100均のスパバック

シェアハウスやバッパーによってはシャンプーなどを置いておけないので、移動するためのスパバックがあると便利でした。

  • マイクロファイバーバスタオル
  • マイクロファイバーフェイスタオル 2枚

軽くてかさばらないし、何より乾くのが早い!マイクロファイバーは旅行にオススメです。

  • 旅行用歯ブラシセット
  • ヘアブラシ
  • 歯ブラシ予備3本
  • 洗濯ネット S,M,M,L
  • 靴下用洗濯干し
  • 洗濯洗剤3回分

家決まるまでのコインランドリー用

  • 300均の折り畳みランドリーボックス

 

シドニーにはダイソーがあるので、100均で揃えられるものはマストではありませんでした。しかし、100円のものが2.8ドルするので、スーツケースに空きがあるのであれば持ってきた方がお得かもしれません。

 

その⑤ 女の子系

 

  • 化粧品一式
  • 化粧品予備
  • 生理用品1週分
  • 化粧水
  • 手鏡
  • 日焼け止め

紫外線強いので、最初くらいは持って行っておくといいです!

  • ハンドクリーム
  • リップクリーム
  • ヘアゴム
  • ヘアピン
  • くし
  • 香水
 昔は「生理用品が最悪すぎる!」なんて聞きましたが最近はそうでもないみたいので、大量に持ってくる必要性はなさそうです。

その⑥ 医療系

 

  •  低用量ピル
  • 生理痛薬1箱

人によります。私は一応持っていましたが、オーストラリアのものはよくわかりませんし、ロキソニンは売ってるのは売ってるのですが輸入品なので倍以上の値段がしました。そこまでかさばるものでもないですし、必要であろう方は是非。

  • コンタクト1年分
  • 旅行用コンタクト洗浄液
  • 耳かき棒
  • 爪切り
  • 絆創膏
  • ポケットティッシュ
  • ティッシュ1箱 ←通年性鼻炎のため(笑)
  • マスク

その⑦ 書類系

 

  • ビザのコピー
  • 宿泊予約のコピー
  • スーツケースの納品書
  • 英文残高証明書
  • 最初の宿泊施設周辺の地図コピー
  • シドニー路線図のコピー
  • 薬の英文説明書
  • 履歴書
  • パスポートのコピー

パスポートのコピーは絶対。もしパスポートを無くしたときに自分のパスポートナンバーを知っていると処理がスムーズになります。その他コピーはもし万一携帯が壊れたりした時のために持ってました。

 

その⑧ その他

 

  • 南京錠

バッパーに泊まるのであれば絶対必要。

  • 自転車のキーチェーン
  • 防水携帯カバー
  • 耳栓
  • 英文法の本
  • 英単語の本
  • ノート1冊
  • 筆記用具
  • 着物
  • ミニレジャーシート
  • お土産
  • 扇子
  • 防犯ベル
  • 友人からの餞別品(食べ物)
  • セルカ棒

 

ちなみにミニレジャーシートは着物着替え用なのでお構いなく(笑)

 

 

以上、ワーキングホリデー持ち物紹介でした♪

 

 

 

 

 

 

オーストラリア滞在歴1年4ヶ月。日本の大学4年生の秋から1年間ワーキングホリデー、3ヶ月学生としてシドニーに滞在(〜2017年3月)。現在は日本で既卒就活中。趣味はカフェ巡り。

コメントを残す