ワーキングホリデー入国後しておきたいことまとめ

 

やっとの思いでオーストラリアにワーキングホリデーに来ることを決意したけれど、不安は募るばかり。

特に入国後1週間は「知り合いもいないし、何をしたらいいのかわからない。」という方も多いかと思います。

ということで今回は、ワーキングホリデーで入国後1〜2週間でしておきたいことをまとめてみました!

 

 

① 携帯電話(SIMカード)を購入する

 

これは到着日にでもすることをお勧めします。

というのもまず仕事を探したりするときに必要なのは当然ですが、シェアハウスで住もうと思っている方は尚更です。シェアハウスのオーナーさんとは基本的に電話もしくはSNSでのやり取りになり、持っていないと連絡が取れない可能性も。

 

 

② 住所を確定させる

 

住所を確定させないと、以下の③と④の取得が難しいので、できるだけ早く住所を確定させましょう。

 

③ TFN を取得する

 

TFN とは Tax File Number の略で納税者番号のことです。最近日本で始まったマイナンバーのようなものですが、マイナンバーより強制力が強く、TFNを持っていなければ働くことができません

なので「早く仕事に就きたい!」と思っている方は、できるだけ早く取得することをお勧めします。

 

④ 銀行口座を開設する

 

収入源がオーストラリアに移る(仕事をする)ということは銀行口座が必要になってきます。ワーキングホリデーの場合は入国後6週間以降に銀行口座を開設すると必要な身分証明証が増えるなど面倒なことが多いので、できるだけ早く作りましょう。

 

 

こちらの4つは恐らく皆さん必要になって来ると思うので、早めにすることをお勧めします!

 

 

 

 

オーストラリア滞在歴1年4ヶ月。日本の大学4年生の秋から1年間ワーキングホリデー、3ヶ月学生としてシドニーに滞在(〜2017年3月)。現在は日本で既卒就活中。趣味はカフェ巡り。

コメントを残す