オーストラリアの労働法で定められた給料って?【ファーム編】

前回職業別賃金の調べ方について記事を書いてからしばらく時間が経ってしまったのですが、今回はワーキングホリデー2年目滞在に必須のファームジョブのお給料について書いていきたいと思います。

 

前回の記事はこちらからどうぞ↓

 

 

 

ファームジョブの雇用形態

 

前回の記事でも書きましたが、ファームでの野菜や果物のプランティング、ピッキング、パッキング業の法的賃金についてはHorticulture Awardを参照すると詳しく書いてあります。

カジュアル契約(時間給契約)か歩合給契約で働くことになると思いますので、今回はこのふたつに焦点を絞ります。

 

カジュアル契約(時間給契約)

 

Horticulture AwardのPay Guideによると、カジュアル契約の場合の時給は3種類に分別され、ここではその最低時給を掲載します。

  1. 祝日以外の日:$22.86
  2. 祝日:$41.15
  3. 仕事開始から5時間超休憩がない際の時給(5時間を超えてから30分以上1時間までの食事休憩を取るまで):$41.15

 

Pay Guideに記載されている分別を全て書きましたが、カジュアル契約(時間給契約)の場合の最低賃金は$22.86と覚えておけば問題ありません

 

歩合給契約

 

不法な低賃金で労働者を雇ったファームが摘発されたなど、ニュースでもしばしば取り沙汰れる歩合給契約。こちらもHorticulture Awardに法的な賃金が記載されております。

結論から書きますと歩合給契約の場合、適正能力を持った(きちんと働くことのできる)労働者の平均時給が$26.29を超えなければなりません

Horticulture AwardのClause 15.2には歩合給はきちんと働くことのできる労働者の平均給料が、その通常契約での最低賃金+15%を超えなければならないとあります。ここでいう通常契約は上のカジュアル契約を指しますので

$22.86 × 115% = $26.29

という計算になります。

 

というわけで今回はファームのお給料について簡単にまとめてみました。参考にしてみてください。

 

 

シドニー在住歴15年。会計士。当コミュニティ主宰。Matsuri Japan Festival運営委員。シドニーで大学生を経験。

コメントを残す