オーストラリアの給料っていくら?労働法で定められた職業別賃金の調べ方

オーストラリアの最低賃金っていくら?

 

ワーキングホリデーや学生として渡航先を決めるに際して、オーストラリアは稼げるということを理由の一つに選んだ方も多いのではないでしょうか。

オーストラリアの法定最低賃金は2017年7月現在、時給$18.29と定められております。

ただしこちらの時給は21歳以上のフルタイムもしくはパートタイム契約での被雇用者に適用される賃金レートであり、もしあなたが21歳以上でカジュアル契約(時間給契約)で働いているのであれば最低時給は$22.86となります。

 

実際に仕事をするにあたって自分の正しい給料はいくらなのかを簡単に調べる方法を一緒に見ていきましょう。

調べるに当たって必要な情報は以下の2つです。

  1. 自分の業種
  2. 自分の雇用形態

 

自分の業種の調べ方

 

まず自分がどの業種で働いているかを下のリンク先より見つけてください。

Awardsという様々な労働条件が書かれた一般業種のリストです。

 

 

例えば飲食業ならRestaurant Industry Award、クリーナーならCleaning Services Award、美容師ならHair and Beauty Insusdry AwardがあなたのAwardになります。ファームでの野菜や果物のピッキング業はHorticulture Awardに分類されます。

 

自分の雇用形態

 

次に自分の雇用形態の確認です。

オーストラリアの雇用形態は基本的に以下の3種類に大別されます。

  • フルタイム
  • パートタイム
  • カジュアル

 

簡単な見分け方ですがフルタイムは週平均38時間、パートタイムは週平均38時間未満の労働時間が保証されている雇用体系です。例えばフルタイムなら月曜日から金曜日まで午前9時から午後5時半、間に1時間の休憩を含むといった雇用契約、パートタイムなら月・水・金曜日といった決まった日時で働く契約となります。

それに対してカジュアル契約はシフト制の時間給契約で、週ごとに労働時間が変わる日本でいうアルバイト契約です。

 

具体例:レストランでのアルバイト

 

それでは実際に給料を調べてみましょう。今回は21歳以上のレストランでのアルバイトを具体例として取り上げます。

 

ここまでで自分の業種はRestaurant Industry、雇用形態はカジュアル契約とわかりましたので『Restaurant Industry Award Pay Guide』とGoogle検索してみてください。上位に『Restaurant Industry Award 2010 [MA000119] Pay Guide』のPDF形式のドキュメントが出てくるはずです。

こちらのPay Guideにはその業種の雇用形態と細かな仕事内容による給料の一覧表がまとめられております。まず左上には年齢と雇用形態が大別されています。今回は21歳以上のAdultのCasual契約ですので6ページ目まで行きましょう。

 

一番左側にClassificationとして自分の仕事内容とレベルが書かれております。仕事を始めたばかりであれば一番上のIntroductory levelからスタートすることが殆どですが、経験を積むに連れて給料が上がっていきます。

ここでは仕事を始めたばかりという前提で時給を確認してみましょう。まずはベースとなる基本給が$22.86とあります。そこから右方向に見ていくと、平日の午後10時から深夜0時までは基本給$22.86にプラス$2.13、深夜0時から午前7時まではプラス$3.19されると書かれてあります。土曜・日曜の時給は$27.44。8ページ目に行くと、祝日の時給は$45.73。休憩無しの長時間のシフトには$32.01の時給が適用されます。

このように自分がいつどれだけ働いたら給料がいくら支払われるかが確認できます。

 

最後に

 

今日はオーストラリアの職業別の給料の調べ方を書いてみましたが、仕事探しをする際にはぜひ参考にしてみてください。今回はファームステイでよく聞く『歩合給』について触れませんでしたので、こちらについても近くまとめます。

 

 

シドニー在住歴15年。会計士。当コミュニティ主宰。Matsuri Japan Festival運営委員。シドニーで大学生を経験。

コメントを残す