【 学生・ジョブ体験 】Woolworths 勤務、ドライバーのKOUさん

 

こんにちは!

ワーホリの方や学生の方に、オーストラリアで実際に働いている(働いていた)方にインタビューするのも今回で2回目。前回の記事は下のリンクからどうぞ ♪

 

 

「ローカル企業で働いてみたい」という気持ちを持ってオーストラリアへ来られる人が多くおられるものの、ビザや語学力、そして探している間の金銭的な原因で諦めてしまう方も多くおられます

そんな中で諦めずに実際に働いている人にインタビューを見ていただいて、ご自身なりの「近道」を見つけて頂ければ幸いです。

 

 

INTERVIEWEE の紹介

 

今回ご協力いただいたのは、KOU さん。

ワーキングホリデービザで来豪し、2年目からは学生ビザに切り替えてオーストラリアに滞在されています。そんなKOUさんは、現在皆さんもお世話になっているであろう大手スーパーマケット、Woolworthsデリバリー・ドライバーとして勤務されています。

 

では早速インタビュー形式で進めたいと思います!

 

 

働くまで

 

 

Woolworths など大手企業はなかなかワーホリビザや学生ビザの人間を採用しないという噂を耳にしたのですが、どうやって仕事を見つけたのでしょうか?

 

友人の紹介で見つけました! その前にオーストラリアの日系企業で2年間ドライバーとして働いていたのでオーストラリアでの同職経験オーストラリアの運転免許を持っていたこともあって、友人が紹介してくれました。

 

 

接など、仕事が決まるまでの選考はどんな感じでしたか?

 

書類審査や筆記試験、ドライバーテスト、面接、とまあ大変だった記憶がありますね!

書類審査では履歴書の他にポリスチェックやドライブレコードって呼ばれる無事故を証明する書類や、皆さんご存知のRSAとか。あとはRTA( Roads&Traffic Authority )っていう日本でいう国土交通省管轄の書類の提出がいくつかありました…

ドライバーテストは問題なかったんですけど、筆記試験に関しては、英語力はもう!最悪やね!笑

逆に面接は今のボスと気軽にいろんな話、例えば家族のこととか、そういうこと聞かれて、いつの間にか OK って感じですかね!

 

 

次のページでは実際に働いてみたお話です!

 

オーストラリア滞在歴1年4ヶ月。日本の大学4年生の秋から1年間ワーキングホリデー、3ヶ月学生としてシドニーに滞在(〜2017年3月)。現在は日本で既卒就活中。趣味はカフェ巡り。

コメントを残す