オーストラリアに医薬品は持ち込めるのか

 

こんにちは。

今日は渡豪を考えてらっしゃる方で医薬品を持ち込みたい…と思っている方の為に、オーストラリアに医薬品は持ち込めるのかというお話をしたいと思います^^

 

 

オーストラリアは輸入に厳しいのか

 

オーストラリアは自国の生態系を壊さないためにも、輸入品に厳しいということは結構知られた話です。

特に厳しいものは、食べ物動植物医薬品

動植物を移動させることはあまりありませんし、食べ物に関しては正直シドニーであれば大抵のものは手に入ります。

 

問題は、医薬品

 

 

医薬品に関する規制

 

オーストラリアで医療・医療品を管轄としている Department of Health TGA によると、オーストラリアに医薬品を持ち込む際の規制は以下の通り。

 

 

 

自身もしくは家族(急用)が使用すること

オーストラリアが認めている薬であること

一度に3ヶ月分までであること

 

簡単に言うとこんな感じです。

詳しくは公式ホームページ(上リンク)で見て下さい。

 

 

3ヶ月分を入国時に持ち込む方法

パッケージを開けない

第二種医薬品(処方箋なしで購入できるもの)に関してはまず箱を開けないこと。第一種医療品(処方薬)の場合も開ける人はいないと思いますが、開けないこと。

 

中身を明確にする

日本で購入した医薬品は大抵日本語でしか表記されていません。なので”薬”と間違えられない為にも中身を明確にしておく必要があります。

私自身、3ヶ月分の第一種医薬品低容量ピル(ルナベル)と第二種医薬品解熱鎮痛薬(ロキソニンS)2箱、第三種医薬品ビタミン剤1瓶を入国時に持ち込んでいます。

ジプロックに 『 Medicine for myself 』と書いて英訳説明書と一緒に入れておきましたが、結局見られることはありませんでした。

 

 

持ち込みには医者からのレターが必要?

 

最近政府のホームページがころころころころ変わっているので分かりませんが、2015年10月時点では You carry a letter or a copy of a prescription ( written in English ) from your doctorという注意書きがありました。

 

確かに処方薬の場合、お医者さんからレターを出してもらうことは出来ます。ただお医者さんによっては日本語でしか出してもらえませんし、たった1枚の紙に5,000円くらいします。

 

ちょっと馬鹿馬鹿しいと思いませんか?笑

 

ということで私は薬の英訳説明書をコピーして持って行きました。

 

 

こちらのサイトで大抵の薬の説明書がゲットできるかと思います。

 

 

3ヶ月以上の処方薬を持ち込むには?

 

結局のところ私は持ち込んではいません。ただ、持ち込もうとしてTGAと連絡をとったことがあります。その時のメールがこちら。

 

 

結局オーストラリアのお医者さんから処方箋を貰ってそれを日本に送って医薬品と一緒に送れば問題はないみたいです。

※ このメールは私の母が送ってくれたので Your daughter が私のことです。

 

結局その時保険がきれていたこともあり(笑) 飲むのをやめても問題ないだろうと自己判断し、結局送ってはいないので実際どうなるのかは分かりませんが、政府がOKと言っているので大丈夫でしょう(笑)

ちなみに無理やり送ろうとしてもそもそも郵便局で断られ、送ったとしても通関の時に処分されるみたいです。

 

 

オーストラリア滞在歴1年4ヶ月。日本の大学4年生の秋から1年間ワーキングホリデー、3ヶ月学生としてシドニーに滞在(〜2017年3月)。現在は日本で既卒就活中。趣味はカフェ巡り。

コメントを残す