【学生】 ワーホリから学生へ!ブリッジングビザ中は働いてもいいのか

 

もうすぐワーキングホリデービザが切れちゃうけど、学生ビザにかえてもう少しオーストラリアにいようかなぁ?

そう思っている方も少なくはないのでしょうか。

私自身、ワーキングホリデービザで1年間、その後ブリッジングビザを挟み学生ビザで3ヶ月滞在していました。その中で「この情報は前もって知っておくべきだったな」というビザ切り替え時の就労についてお話していきたいと思います。

 

 

ブリッジングビザとは何なのか?

 

そもそもブリッジングビザとは何なのか?ここがわからないことには進めないので先にご説明します。簡単に言うと1つ目のビザと2つ目のビザの橋渡しをしてくれるビザです。

これはワーキングホリデービザ、学生ビザに関わらず、ワーキングビザやパートナービザなどに切り替える時にも使われます。

 

 

ワーキングホリデービザから学生ビザへ

 

では実際私自身がどういうスケジュールで切り替えたかを踏まえてお話したいと思います。

 

  • ワーキングホリデービザ: ~25/10/2016
  • 学校入学日: 21/11/2016

 

これが私の実際のスケジュール。ワーキングホリデービザの期限から入学日がほぼ1ヶ月先でした。

 

 

勘違いしていた”ブリッジングビザ”の存在

 

ここが私の最大のミスでした(笑)

”橋渡ししてくれるビザ”ということはわかっていました。ただ私は 26/10/2016~20/11/2016 の期間はブリッジングビザ期間中だと思い込んでいました。

 

が、大間違い。(笑)

実際ブリッジングビザを所持していたのは2日間くらい。

 

次のページでどのような問題点があったのかお話しして行きます!

 

オーストラリア滞在歴1年4ヶ月。日本の大学4年生の秋から1年間ワーキングホリデー、3ヶ月学生としてシドニーに滞在(〜2017年3月)。現在は日本で既卒就活中。趣味はカフェ巡り。

コメントを残す