【カフェバイト予習】Flat White って何者?!オージーのコーヒー文化

 

 

” Can I please get a skim flat white with double shots and one sugar? And also, extra hot please.”

 

これ、シドニーで最初に頼まれた注文でした。正直「はい?」ですよね。「コーヒーいりますか?」の答えがこれだったので。Skim もわからないし、Flat White も何なの?!って感じだし、ダブルショット?え?ウィスキー?みたいな。

 

ということで今回はオーストラリアのコーヒー文化についてお話したいと思います。飲食店での仕事を考えてらっしゃる方は参考にして下さい ♪

 

 

オーストラリアのコーヒー

 

オーストラリアはもともイギリス領であったのはご存知の方も多いと思います。( 軽犯罪者の流刑地にされていたというお話はさておき )

なのでオーストラリアはもともと紅茶文化が強かったみたいです。ただ途中でイタリア人が多く移り住み、イタリアのコーヒー文化が強くなったと言われています

 

 

エスプレッソ式とドリップ式

 

家庭や日本で多く飲まれているものはドリップ式です。紙を敷いてその上に挽いたコーヒー豆を乗せてお湯を注ぐ感じの…(説明が下手)

ドリップ式はフランスからヨーロッパに広まったと言われていますが、オーストラリアではイタリア式であるエスプレッソ式が広まりました

ただエスプレッソ式はいいお値段なマシーンが必要なのでヨーロッパでも家庭ではドリップ式が多いみたいです。

 

 

カフェの発祥はオーストラリア?

 

オーストラリア・メルボルンはカフェの発祥地と言われており、世界一カフェが多い街なんて言われています。

そのせいかコーヒーには厳しいオーストラリア人。日本では大人気のスター・バ●クスも事実上撤退を余儀なくされたとか。そして私自身思うことがローカル・カフェの方がおいし(ry

 

で、結局 Flat White って何よ?って話ですよね。

次のページでお話しして行きたいと思います!

 

オーストラリア滞在歴1年4ヶ月。日本の大学4年生の秋から1年間ワーキングホリデー、3ヶ月学生としてシドニーに滞在(〜2017年3月)。現在は日本で既卒就活中。趣味はカフェ巡り。

コメントを残す